カジノミーの特徴、入出金方法、運営や 無料ボーナスの情報

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

本文へジャンプ すべての機能をご利用いただくにはJavascriptを有効にしてください。 MENU CLOSE 採用情報 お問い合わせ窓口 アクセス English English Search よく検索されるキーワード 水素 RFI ムーンショット 標準契約書 人工光合成 NEDOについて NEDOについて 理事長挨拶 機構概要 役員 組織図 予算 組織図 アクセス 本部 海外事務所 NEDOの取り組み 中長期計画・年度計画 研究開発事業 財務情報 研究評価・事業評価 委員会 研究評価委員会 技術委員会等 デザインシステム/シンボルマーク 東日本大震災に関する対応について 関連組織・団体 ニュース ニュース ニュースリリース一覧 トピックス一覧 NEDOからのお知らせ(一覧) イベント イベント イベント開催情報 一覧 イベント報告・資料 一覧 実施者募集(公募) 実施者募集(公募) 実施者募集(公募)情報を探す 公募情報検索画面 応募に必要な手続きについて 府省共通研究開発管理システム 委託・助成事業者の方へ 委託事業の手続き 補助・助成事業の手続き 特許出願非公開制度へのNEDO事業(委託及び助成)における対応 NEDOプロジェクトにおける知財マネジメント基本方針 NEDOプロジェクトにおけるデータマネジメントについて 事業紹介 事業紹介 NEDOの技術戦略 技術戦略研究センター 持続可能な社会を実現する3つの社会システム(ESS) 事業一覧(分野別) エネルギー 環境 機械システム 電子・情報通信 材料・ナノテクノロジー バイオテクノロジー 国際展開支援 地球温暖化対策 分野横断的公募事業 産学連携・人材育成 調査・評価その他事業 NEDO POST ピックアップ グリーンイノベーション基金事業 中小企業・スタートアップ企業支援(StarT!Ps) 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) Innovation for Cool Earth Forum (ICEF=アイセフ) カーボンリサイクル産学官国際会議 刊行物・資料 刊行物・資料 刊行物 広報誌「Focus NEDO」 パンフレット 報告書 年史 TSC Foresight NEDO Web Magazine NEDO事業の成果 実用化ドキュメント NEDO Channel 成果報告書データベース データベースなど データベース/ツール 研究開発マネジメントガイドライン NEDO標準化マネジメントガイドライン 調達 調達 入札情報(一覧) 調達予定案件 入札の結果一覧 随意契約に関する事項 環境物品等の調達 障害者就労施設等からの調達推進 中小企業者に関する契約の方針 競争参加者の資格について 検索 検索 よく検索されるキーワード 水素 RFI ムーンショット 標準契約書 人工光合成 採用情報 お問い合わせ窓口 委託・助成事業者の方へ アクセス ホーム 事業紹介 エネルギー 熱利用 再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発 再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発 事業・プロジェクト概要 事業期間:2019年度~2023年度、予算額:2.0億円(2023年度) 本事業では、再生可能エネルギー熱(再エネ熱)利用の普及拡大に向けて、トータルコスト低減に資する研究開発を推進します。再エネ熱利用システムの導入には、多種多様なプレーヤーがかかわることから、上流から下流までのプレーヤーが一体となったコンソーシアム体制でZEB等への適用も視野においた研究開発を推進するとともに、2023年までにトータルコスト20%以上の低減(投資回収年数14年以下)、更には2030年までにトータルコスト30%以上の低減(同8年以下)とするための道筋及び具体的取組み(普及方策)を行動計画にまとめます。また、地中熱利用システムの導入拡大に資するシステム設計の最適化に必要な見かけ熱伝導率の推定・評価技術、簡易TRT(熱応答試験)技術、設計ツールを共通基盤技術として開発し、規格化を目指します。 事業実施体制イメージ(地中熱) 2030年までの道のり 研究開発内容 (1)地中熱利用システムの低コスト化技術開発 大規模建築物、小規模建築物等、それぞれの建築物に導入することを想定した、我が国の利用に適合した高効率機器の開発、施工期間短縮に資する施工技術の開発、地中熱利用システムの最適化技術の開発、評価・定量化技術の高機能化開発等に取り組み、地中熱利用システムのトータルコスト低減に資する技術を開発する。 (2)太陽熱等利用システムの高度化技術開発 高効率機器の開発や、年間を通じた太陽エネルギーの最大限の活用に資する太陽熱利用機器の開発、評価・定量化技術の高機能化開発、再生可能エネルギー熱を含む多様な熱源を組み合わせたシステムの最適化技術開発等に取り組み、太陽熱等利用システムのトータルコスト低減に資する技術を開発する。 (3)高度化・低コスト化のための共通基盤技術開発 地中熱利用システムの導入拡大に資するシステム設計の最適化に必要な見かけ熱伝導率の推定・評価技術、簡易TRT(熱応答試験)技術、設計ツールを共通基盤技術として開発し規格化を目指す。 プロジェクトマネージャー 大竹 正巳 主査 アウトカム目標 本事業で開発した各機器、アプリケーション、施工技術、共通基盤技術等の普及により、市場拡大による量産化、企業間競争、更なる技術改善等を促進し、2030年までにトータルコスト30%以上低減(投資回収年数8年以下)を実現し、再生可能エネルギー熱利用の導入拡大を目指す。 アウトプット目標 本事業では、2030年までに地中熱、太陽熱等の再生可能エネルギー熱システムのトータルコストを30%以上低減すること(投資回収年数8年以下)を最終的なアウトカム目標とし、再生可能エネルギー熱の導入に関わる上流から下流までの事業者等を集めたコンソーシアム体制により事業者間の役割分担を最適化しつつ、適切な進捗管理指標の下に各要素(設計、機器、施工等)の技術開発を進める。さらに、トータルコスト低減を達成するために必要な取組みを要素別に具体的に特定し、行動計画としてまとめる。加えて、地中熱利用システムの導入拡大に資するシステム設計の最適化に必要な見かけ熱伝導率の推定・評価技術、簡易TRT(熱応答試験)技術、設計ツールを共通基盤技術として開発し規格化を目指す。 プロジェクト線表 基本情報 技術・事業分野 熱利用 プロジェクトコード P19006 担当部署 新エネルギー部 (TEL:044-520-5270) 詳細資料 基本計画(312KB) 実施方針:2023年度版(318KB) 実施方針:2022年度版(332KB) 実施方針:2021年度版(338KB) 実施方針:2020年度版(390KB) 実施方針:2019年度版(333KB) 成果報告 2023年度事業の成果について資料を掲載いたします。 2023年度成果報告会発表者 テーマ名 発表事業者 再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発 事業の全体説明 (4.4MB) NEDO 新エネルギー部 熱利用グループ オープンループ方式地中熱利用における最適設計方法の研究(3.5MB) 国立大学法人東海国立大学機構岐阜大学 給湯負荷のある施設への導入を想定した地中熱利用ヒートポンプシステムの研究開発(3.9MB) 株式会社ワイビーエム 寒冷地のZEB・ZEHに導入する低コスト・高効率間接型地中熱ヒートポンプシステムの技術開発(4.5MB) 国立大学法人北海道大学 ZEB化に最適な高効率帯水層蓄熱を利活用したトータル熱供給システムの研究開発(3.5MB) 日本地下水開発株式会社 見かけ熱伝導率の推定手法と簡易熱応答試験法および統合型設計ツールの開発・規格化(6.5MB) 国立大学法人北海道大学 天空熱源ヒートポンプ(SSHP)システムのライフサイクルに亘るコスト低減・性能向上技術の開発(4.4MB) 鹿島建設株式会社 最終更新日:2024年4月10日 関連ページ ) 同一事業の情報 Javascriptを有効にしていただくことで同一事業の情報をご覧いただけます。 熱利用 同分野のニュースリリースを探す 同分野の公募を探す 同分野のイベントを探す Top サイト利用について プライバシーポリシー 情報公開 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (法人番号 2020005008480)© New Energy and Industrial Technology Development Organization. All rights reserved.

ライズオブオリンパス ラッキーニッキーの入金不要ボーナス【当サイト限定】賭け条件 ... ライズオブオリンパス 10bet オンラインベッティング - 日本でNo.1のブックメーカー
Copyright ©カジノミーの特徴、入出金方法、運営や 無料ボーナスの情報 The Paper All rights reserved.